ウィルロゴ
コーヒーカップ

私の中には三つ以上の病気が同居しているようです。

「脊髄小脳変性症」、「シェーグレン」という病気による感覚障害、「ふうにゅうたい筋炎」の三つ。
今の私の症状がどの病気によるものか?特定することは難しいようです。
20年以上も「脊髄小脳変性症」と「多発根神経障害」と認識していた病名は実は・・
しかし、病気というものは時間の経過に伴って、のぞかせる貌も変わるようですし、
かつて不明だった病気も医学の進歩によって説明がつくようになる。この事実もそんな理由にもよるのかもしれません。

そんな事実を冷静に受け止められるのは、時間の経過につれて病気が受容できるようになったというようなものでは決してありません。
間違いなく、体調改善を実感できているからです。
「病気」というものが現代医学の処置だけで改善するものなら、私もそれに委ねたいと思いますが、医学の力だけでは私の病気の改善は果たせなかったと思います。
というより
私にも備わっているはずの思議を超えた力を信じ、改善の努力を積み重ね続けた結果だと思いますし、
今後も積み重ね続けるに違いありません。

振り返ると私は何度も病気に、非常な現実に屈し打ちのめされました。
しかし、その度に私は立ち直ることが出来ました。
立ち直っただけでなく打たれ強くなり、体調も改善しました。

このHPはそんな私からの発信です。 脊髄小脳変性症の病気の方は勿論、病気と闘う人だけでなく、
目の前に立ちはだかる壁に挑む全ての人に向けてメッセージを発信する意図で作りました。

サイトのタイトル:「意志(Will)の力で運命を切り開け」には、
脊髄小脳変性症のうえに感覚障害という難病を抱え、挫けてしまいそうになる自分への戒めが込められています。
  他人頼り、他人任せでは病気に打ち負かされてしまうといつも自分を鼓舞しています。

ビー玉
enter